「防音対策は窓から」断熱内窓プラマードUの施工販売

内窓「プラマードU」施工例
内窓「プラマードU」施工実績
YKKap窓ショップCBSのサービスについて YKKap窓ショップCBS施工対応エリア プラマードU割引制度 プラマードU出張採寸サービス プラマードUの保証について 見積・現場調査などのお問い合わせについて
プラマードUお取引ガイド
会社概要
内窓プラマードUお取引の流れ
代金のお支払い



サッシには、窓をスムーズに開け閉めするために必ず隙間がありますが、これが音が侵入する通り道となっています。
このため、防音効果を上げるために、いくら防音性能の高いガラスに交換しても、この隙間はそのままであるため、
多くの場合期待するほどの効果を得られません。

窓の防音対策では窓ガラスについて検討する前に、サッシの隙間対策を検討することが先決です。繰り返しますが

サッシの隙間を放置したままでは、ガラスを防音タイプに替えても、防音ガラスは性能を十分に発揮できないのです。

しかし、既存サッシを隙間の少ない防音タイプに取り替えるためには壁や床も壊す必要があるため、実現には手間も費用もかかります
YKKのプラマードU」は、今ある窓の室内側に設置する窓で、一般には
「内窓」と呼ばれます、YKKのプラマードUは特に防音性能を重視した
隙間の少ない「内窓」です。 プラマードUを今ある窓に付けるだけで隙間が小さくなり、外の騒音を大きく遮断します


基本的に重い(厚い)ガラスほど遮音性が優れおり、防音性能が高いです。
ですが、ガラスは特定周波数で振動し、遮音性能を低下させてしまうという特徴があります。騒音の種類によっては厚いガラスよりも薄いガラスの方が防音効果が高い場合があります。

一般的にガラスは、薄いと高い周波数(高い音)で振動し、厚いと低い周波数(低い音)で振動します

 ・3o厚ガラス=4000Hzで振動し、遮音効果が低下
 ・5o厚ガラス=2500Hzで振動し、遮音効果が低下
 ・6.8o厚ガラス=1765Hzで振動し、遮音効果が低下


上記のようにガラスはその種類(厚さ)によって弱点のある音域が異なります。
各々グラフ上の線が落ち込んだ箇所の音域(Hz)の音に対して、そのガラスは本来の防音効果を発揮できません。このため効果的な騒音対策には、自分が気になる騒音の音域に応じたガラスを選択することが重要になるのです
ガラス別の防音効果についてはこちらをご覧下さい

ペアガラスには防音効果があると思われがちですが、単板3mmガラスの方が
防音に最適な場合もあります。

下のグラフを見てわかるとおり、315Hz〜1250Hzの間では、3mm厚ガラスの線が
ペアガラスの線よりも上に来ています。騒音計などで測定し、ご自宅の騒音がこの範囲内でしたら、ペアガラスよりも3mm厚ガラスの方が防音効果大となります。

ペアガラスは優秀なガラスです。しかし、断熱・結露対策には抜群の効果を有しますが、
防音の面では必ずしも効果を発揮できるというわけではありませんのでご注意ください。
まずはご自宅の騒音の種類を見極めてしっかり防音対策をしましょう。

防音合わせガラスはガラスの振動による遮音効果の低下という弱点を克服したもので、2枚のガラスに防音特殊フィルムを加熱圧着で挟んでいます。高音域〜低音域までの音域全体でガラスの振動を防ぐため高い防音性能を発揮します
※透明単板3oガラスでも高い防音性能を発揮しますが、より高い防音効果を望まれる場合は防音性能の高いガラスをプラマードUに組み込むことで防音効果はさらに高まります。詳しくはこちらをご覧ください。

>>内窓「プラマードU」の防音効果について

窓ショップCBSはCMでお馴染みのYKKapの内窓「プラマードU」専門の激安通販店です。価格はもちろんエコポイントもその場でわかるオンライン見積を搭載。納得価格と丁寧な対応で2015年も売上No.1を目指します。