「エコポイントが貰える」内窓プラマードUの施工販売

内窓「プラマードU」施工例
内窓「プラマードU」施工実績
YKKap窓ショップCBSのサービスについて YKKap窓ショップCBS施工対応エリア プラマードU割引制度 プラマードU出張採寸サービス プラマードUの保証について 見積・現場調査などのお問い合わせについて
プラマードUお取引ガイド
会社概要
内窓プラマードUのお取引の流れ
代金のお支払い
二重サッシプラマードUのよくあるご質問
カタログでは約40dBカットとなっていますが、実際に現場に取り付けた場合に、約40dBカットできますか?

カタログ記載の遮音性能はJISで定められた方法により実験室で測定した測定値です。 実際の現場で測定した場合は、実験室とは取付け条件や音場(音波が伝わっている空間の状況)が異なりますので、それぞれの測定値には差異が生じるのが普通です。

合わせガラスの特殊フィルムの厚さによって、遮音性に差が出ますか?

合わせガラスの遮音性は、質量則にほぼ比例します。 しかし、特殊フィルムは質量が小さいのでその厚さを変えても、合わせガラスとしての遮音性には大きな差は生じません。

電車の音とトラックの音では防音のしかたも違いますか?

トラックの音域は狭く(低音〜中音域)、電車の音域は広い(低音〜高音域)傾向がありますが、内窓「プラマードU」の二重窓は音域全般に高い遮音性を示しますので、どちらの音にも効果的です。
また、二重窓間の空気層間隔を広げると、特に低音域の遮音性改善に効果があります。
但し、地面を伝わってくる振動音については対処できません。

ピアノや声楽など、家から出る騒音を防ぎたいとき注意すべき点は何ですか?

内窓「プラマードU」にすることで外への音もれを防ぐことはできますが、外へ抜けにくくなった音が振動という形になって隣や上下階へ伝わりやすくなってしまう場合があります。 特にマンションでは、窓の防音と同時に、床に固体音を防ぐ素材、壁や天井の表面にも吸音材を施すなどの対策が必要です。

防音カーテンと防音内窓「プラマードU」の違いは?

防音カーテンは、高音の騒音には効果を発揮しますが、一般的な交通音などの騒音には上手く防音効果を発揮できません。内窓「プラマードU」は騒音の種類を選ばずに、高音から低音まで幅広く防音効果を発揮することが出来ます。

内窓と防音カーテンの防音の効果を比較すると、どっちが防音効果が高いの?

防音対策で重要なことは「音の通り道の隙間を減らし、ガラスの振動を押さえる」事です。カーテンの場合ですと、窓とカーテンレールに隙間を作ってしまいます。窓とカーテンの隙間をしっかりと埋めてくれるカーテンでないと高い防音効果は期待出来ません。また、音は質量則(材料の単位面積当たり1平米当たりの重量)が重いほど大きな音を止めるのに効果的です。
その点から、防音内窓「プラマードU」の方が防音に適しているといえるのです。防音カーテンの中でも、重量があり、防音性能に優れた商品はございます。しかし、そういった商品は機能性重視のため、インテリア性は低く一般の住宅では設置場所を選んでしまうので、全ての窓に取り入れることを考えると内窓「プラマードU」の方が防音効果が高く、設置しやすくなっています。

防音カーテンと比較したときのコストパフォーマンスは?

量販店で売られている防音カーテンは2枚で約1万円程度で購入できます。防音性能については人によっては効果を感じる事が出来ません。防音に特化したカーテンですと、オーダーメイドとなり、1枚3万円程度かかる場合もあります。内窓「プラマードU」ですと、小さいサイズでは1万9千円程度からご用しています。また、内窓「プラマードU」は劣化しないので長期的に見た場合、内窓「プラマードU」のコストパフォーマンスは非常に優れています。

防音したいなら、やっぱり内窓「プラマードU」!

ちょっとした防音や、賃貸住宅で内窓を設置できないような方は防音カーテンでの防音対策も良いですが、ご自宅に内窓を取り付けられる状況の方には内窓「プラマードU」をオススメします。

窓ショップCBSはCMでお馴染みのYKKapの内窓「プラマードU」専門の激安通販店です。価格はもちろんエコポイントもその場でわかるオンライン見積を搭載。納得価格と丁寧な対応で2015年も売上No.1を目指します。